写真ケーキは通販が便利

写真ケーキ通販

 

日頃のおやつはもちろん、特別な一時を彩る際に欠かせないのがケーキですが、今日ではお祝いする事柄に合わせてデコレーションを施す写真ケーキの人気が高まっています。写真ケーキというのは、ケーキの表面上に食べる事が可能なインクを使用し、専用のプリンターで写真をプリントしていく事で、まるでケーキに写真が貼り付けられているような仕上がりになるケーキです。表面のクリームに対し印刷可能である事は当然の事ながら、技術進歩に伴いプリント可能な対象物が増加傾向にあり、今日ではクッキー生地に対してもプリント可能になったため、クッキーの1つ1つに対し写真印刷ができるようになっています。そのような写真ケーキは、インターネット上にてウェブサイトを運営している業者に注文し配達を待つという様相になるので、注文したい場合は業者が運営している通販サイトから注文する事になります。

 

そのため、実店舗にて注文する事例のように営業時間や受け取りを気にする必要性が無く、都合が良い好みのタイミングでじっくりと注文できます。また、写真ケーキは表面上に大きく写真印刷を施すため、注文時に印刷を希望する写真も同時に受け渡す事になりますが、通販サイトであればパソコンやスマートフォンに保存されている写真データを直接的に添付させられるので、写真をお渡しするという点でも負担がありません。そして注文後は業者が納品日に間に合うように迅速にケーキを手がけて完成を目指しお届けという形になるのですが、ケーキという温度や衝撃に十分に気を配らなければならない物であっても型崩れの心配をせず、安心してお届けを待つ事ができる仕組みが随所に整えられています。

 

それは輸送に際して用いる外箱にも拘りがあり、クール便を用いて輸送している際に低い温度の中でも霜が付着してしまわぬよう、撥水加工が施されているシールを用いてきっちりと封をしている点も挙げられます。さらに、ケーキドームというプラスチック製のドーム型のケースにより写真ケーキがすっぽりとカバーされているので、衝撃や揺れに見舞われても型崩れせずできたての状態で配達されます。

写真ケーキの作り方

写真ケーキ作り方

 

写真ケーキに興味を持っている人もいるかもしれません。これはホールケーキに写真が飾られたものであり、お気に入りの画像をデコレーションできるため、誕生日などの記念日に最適です。写真ケーキはインパクトが強いのでサプライズとしても人気が高くなっていますが、その作り方がよく分からないという人もいるでしょう。また、写真をケーキに使って大丈夫なのか心配している人もいるかもしれません。写真ケーキは専門のお店で作ってもらうという方法もありますが、実は自宅で作ることもできます。具体的な作り方や注意点などをチェックしておきましょう。お店に頼むより手間や時間はかかりますが、世界に一つだけの特別なケーキを作りたいという人におすすめです。

 

好きな画像をケーキに使いたいという場合、可食プリンターを購入する必要があります。最近では家庭用の可食プリンターが販売されており、専用のインクとシートも揃えれば簡単に写真ケーキが作れるということです。写真のデータをプリンターに送信し、シートに写真を印刷すればケーキの上に飾ることができます。専用のインクやシートなどは食べられる素材となっているため、衛生面も問題ありません。主役の顔や好きなアイドルの写真、キャラクターのイラストなどをプリントすれば、イベントがより盛り上がるでしょう。普通の写真と同じように細かなデザインも印刷することができます。

 

もちろん画像だけでなく、メッセージを印刷することもできますし、お祝いにぴったりなケーキと言えます。また、食用シートだけでなく、厚みのないクッキーなどに写真を印刷することもできます。ケーキ以外のお菓子のデコレーションにも使えますし、頻繁にお菓子を作りたい人におすすめのアイテムと言えるでしょう。ちなみに、可食プリンターは手頃になってきているとは言え、あまり安いものではありません。あまり写真ケーキを作らない場合、近くのケーキ屋に頼んだ方が安く済むかもしれません。

ケーキの種類はどんなのがある?

写真ケーキ種類

 

数多くの種類が存在しているケーキの中で代名詞になっているのがショートケーキであり、土台にスポンジを用いてホイップ状の生クリームでデコレーションが施されている上、フルーツが盛り付けられているものをショートケーキと定義しています。そのため、最もイメージされるのは苺がトッピングされている様子ですが、オレンジやメロンなどのフルーツであっても同一の扱いになります。次いで認知度が高く、合わせて買い求められる機会も多いのがチョコレートケーキで、子供はもちろんチョコレートの程良い苦味により大人にも高い人気を誇っています。

 

小麦粉と卵、砂糖などを用いて生成した生地に対しチョコレートやココアパウダーを溶かし焼き上げたものという定義がされています。つまり、表面上にのみチョコレートがかけられていたり、一部分にチョコレートが少量使用されている場合は定義に当てはまらず、あくまでも生地にチョコレートもしくはココアパウダーが混ぜ込まれている事が基本です。チョコレートケーキと見た目が良く似ているものの、特に大人に人気が高いのがガトーショコラですが、ガトーショコラが大人からの支持率が高いのはチョコレートケーキに比較し含有しているチョコレートの量が多い上、メレンゲと卵黄の含有量も多いためです。

 

そういった特に多く含んでいるチョコレートとメレンゲ、卵黄により心地良い苦味が強まり大人の味覚に合いやすい上に、口当たりが良好になるので大人に人気があります。そのような口当たりの良さという観点に目を向けると、数ある種類の中で最も口当たりが良く特徴的なのがムースケーキです。泡という意味合いを有しているムースが名称に付けられているように、泡状のクリームが優しい口当たりに感じられ、噛む事なく口の中で溶けていきます。ブルーベリーやラズベリーなどの甘酸っぱさが感じられるフルーツとの相性にも優れているので、フルーツを豊富に使用したケーキで使用される事が多いです。

ケーキの消費期限と保存方法

写真ケーキ保存方法

 

ケーキの消費期限は明確には定まっていませんし、店舗によって様々ですが、なるべく購入当日か翌日以内に消費したほうが良いでしょう。理由として、ケーキ店に陳列されている商品の殆どは、前日か2日前に作られたものが多いからです。スーパーやコンビニなどで購入することができるケーキの殆どは、保存料が入っているので、パッケージに掲載されている賞味期限や消費期限を守っていれば、食中毒になってしまうリスクは回避できるでしょう。ただし、保存料の使用はケーキの味を損ねてしまうことから、一般的な菓子店などでは使用していないことが多いです。そのためコンビニやスーパーなどの商品よりも賞味期限が短期間であることが多くなっています。

 

また、スポンジを焼いた後のデコレーションは加熱処理を一切行わない作業になってしまうので、その際に菌が混入してしまうリスクを考えると、消費期限を超過した状態で食べるのは危険以外の何物でもないでしょう。可能であれば、処分をしたほうが無難です。冷蔵庫にケーキを保存する際にも、生肉や生魚などの食中毒菌が多い食品と一緒に保存しないようにしましょう。理想的な保存方法としては、ケーキをなるべくパッケージから出し入れせずに、冷蔵庫に保管しておくことです。出し入れを行う際にも、なるべく手を石鹸で洗った上で取り扱うようにしましょう。

 

また、冷凍庫に十分なスペースがある場合は冷凍保存することによって、長期的な保存も行うことが出来ます。カスタードや生のフルーツを使ったケーキには適さない場合が多いですが、一般的なガトーショコラや生クリームを使用したタイプであれば、冷凍保存も可能です。以上の点からケーキの賞味期限はコンビニや手作り、菓子店などによって異なり、保存料を使用したタイプやそうでないタイプも含めると千差万別です。そのため、期限よりも早めに食べておくことをおすすめします。保存方法は生肉などとは隔離された場所に冷蔵保存しましょう。