潜水艦好きにはたまらない漫画と言えば何?

あたいが紹介するのは「沈黙の艦隊」というコミックだ。
作品者のかわぐちかいじ氏は、現時点「空母いぶき」というコミックを筆記しており、こちらも大口コミを得ています。
そういったかわぐちかいじ氏を代表するコミックの一つに「沈黙の艦隊」が言えるとあたいは思います。
演説を簡単にコメントします。
我が国初の原子力沈没艦の艦長になったメイン人一般が競合を退け、核とは何かと問い合わせるようなコミックだ。
コミックのの間に、実在しそうな政治家などが伸びるので、ヤバイリアリティの生じるコミックだ。
なんと党首討論まで書かれています。
ただ沈没艦の戦闘が書かれたコミックではなく、政治とは何か、核とは何か、また世の中はどうあるべきかを考えさせられるコミックだ。
といっても金字塔読み応えがあったのが、メイン人一般が乗艦する「やまと」とアメリカ合衆国海軍の最新鋭原子力沈没艦「シーウルフ」との賭けだ。
手に汗握る戦闘が書かれてあり、何度も読み返してしまうほど精巧にできた作品ですなと思いました。
エンドは核兵器とはどうあるべきかを考えさせられます。
こういうコミックの字は「開業」と言えるかもしれません。
これは作品のなかで実際に出てきた言葉で、真の開業国々を目指したメイン人公の座右の銘でした。
コンビニでもリメイクエディションが再出版されてあり、何年たっても色あせない、それどころか今の世の中にたいして何かを問いかけてくれるような、こういうコミックはあたいにとってあんなyesだ。
DCC|効果ない?良い口コミと悪い口コミを徹底調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です