モデルコミックの最高「ラブパフォーマンス!」は声優陣も人考えにさせた作品です

俺が今現下のめりこんでいるアニメ、それはラブ現状!だ。

9人の妻が「実習タレント」として成長して行くアニメだ。
こういうアニメは原作は本メニュー発祥でアニメが始まる前の知名度、前好評はあまりおっきいものではありませんでした。
リリースするCDは思うように売れず、そのの間でこつこつ販売を伸ばしてやっとのアニメ化でした。
結局、アニメは大大成におわり実績を成し遂げジャンルμ’s大躍進が始まります。
これはアニメメンタルの作風のはなしとキャスト君の進歩がシンクロするものです。

タレントアニメですが、こういうコンテンツは熱い青春部活ドラマだ。
メイン人公の穂乃果が幼馴染2人を引き込み実習タレント立ち上げ発達に励みます。そして、μ’sと名付けられます。

初の現状は客席0からの初めという不運に終わります。そこで心からやりたいと当てはまる踊る楽しさに目覚めた3人は団員を呼び寄せ着々と楽曲を足し、最終的に9人の大神μ’sになぞらえた9人が集結します。いわゆる停滞からの実績で堅実発展ですが、方々に感動する光景が盛り込まれてあり内面を打たれます。
とんとん拍子ではなかったアニメ化前とアニメメンタルの作風が見事にシンクロして一層の驚愕を呼びます。

こういう過程でいくつもの曲が出てきてページビューがにじみ出るのですが現状ときの働きも楽曲もとてもクォリティーが激しく、引き込まれます。

集まった9人は切磋琢磨しどんどん成長して赴き、最終的に実習タレントの甲子園と仰る「ラブ現状!」で優勝し、3年生の卒業によってその活動を終了することを決めます。終わりがあるからこそ可愛いということを実感させてくれるアニメだ。
これはアニメメンタルだけでなくキャスト君も紅白歌合戦に参列し、人失神頂のら東京ドームで最後現状を大大成に収めた結果二次元と三次元が見事に接続してそれもまた大きな驚愕を呼びました。

すでに「ラブ現状!」発展は終了してしまいましたが、次女分力作のラブライブサンシャインがプランされこれからも「ラブ現状」は盛り上がりを挙げるでしょう。みんな大好きなルルルンフェイスマスクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です